無農薬野菜の安全性

妊婦の食事にもおすすめされる無農薬野菜の安全性

妊婦の食事にもおすすめされる無農薬野菜の安全性

 

妊婦の食事にもおすすめされる無農薬野菜の安全性について通常の野菜との違いについて解説します。
野菜を育てるためには葉などを虫に食べられない為や、病気を予防するために農薬を使います。日本の食品に関する法律は世界的に見ても厳しく、農薬を使った野菜を食べても体に害はありませんが、妊婦の場合にはお腹の中の赤ちゃんに与える影響を考えると無農薬野菜の方が安心です。
お腹の中にいる赤ちゃんとお母さんは胎盤で繋がっています。お母さんが食べた食事の栄養や赤ちゃんの成長に必要な酸素は胎盤を通じで赤ちゃんに供給されます。
胎盤にはフィルターがついていて、害のあるものは赤ちゃんには届かない仕組みになっていますが、アルコールやニコチンはフィルターを通過して赤ちゃんに悪影響を与えます。

 

 

食材宅配

有機栽培ではない製法で生産された野菜に含まれる農薬は、赤ちゃんに悪い影響を与える可能性があるのです。
通常の野菜と違い無農薬野菜は生育期間中全く農薬を使わず育てられています。
その分虫取りや病気防除などに人の手がかかっている野菜です。その為安全性が高く残留農薬の心配もないので妊婦におすすめです。
また無農薬野菜は丸ごと食べる事ができるので、特に栄養価の高い皮もむかずに食べられます。野菜の皮や種の部分は抗酸化作用が高く栄養価に富んだ部分なのです。
最近では野菜を皮ごとジュースやスムージーにして飲む人が増えていますが、そういった場合でも安心です。

続きを読む≫ 2015/03/26 17:56:26
ホーム RSS購読 サイトマップ